藤田信雄の家族(嫁・妻・娘)や出身やwikiは?刀は今どこに?【アンビリバボー】

こんにちは。チョコです!

アメリカ本土を攻撃し、見事に成功

したとされた日本人の藤田信雄さん。

日本ではあまり語り継がれていま

せんが、アメリカでは有名人なんだ

そうです。

今の私達には想像できない過酷な

時代に藤田さんはどんな思いだった

のでしょう。支えてきたご家族の

現在なども気になったので、調べて

みました。

<目次>

  1. 藤田信雄のプロフィール
  2. 政府から呼び出しを受けた理由は?
  3. ブルッキングス市との交流は?
  4. 贈った刀はいまどこに?
  5. 妻と娘(浅倉順子)について

スポンサードリンク

藤田信雄のプロフィール

1911年10月に生まれ、1932年に

日本帝国海軍に入隊し、1933年に

パイロットになります。

「藤田信雄」の画像検索結果

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E7%94%B0%E4%BF%A1%E9%9B%84

1942年に軍令部に呼び出され、

単独によるオレゴン山中への空爆

命令が告げられます。上官より、

木を1本折っただけだとお叱りを

受け、見た感じ失敗に終わったが、

後に唯一、アメリカ本土を攻撃した

日本人として称賛されます。

戦後は地元に戻り、工場勤務を

します。出身は茨城県土浦市だった

ようですね。

スポンサードリンク

政府から呼び出しを受けた理由は?

工場勤めの中、ゆっくりと生活

していた藤田さんのもとに政府から

呼び出しを受けます。この時代に

政府からの呼び出しは辛いものが

あったでしょうね。

池田勇人首相と大平正芳内閣官房

長官に面会し、アメリカ政府が藤田

さんを探していると告げられます。

藤田さんは爆撃した経験から、何か

処罰を受けるのだと思い、自決用に

代々伝わる刀を忍ばせて出向いた

そうです。

どころがブルッキングス市かつての

英雄として、フェスティバルの主賓と

して藤田さんを招いたのだそうです。

過酷な戦争時代にこんなに温かい

エピソードもあったんですね。

スポンサードリンク

ブルッキングス市との交流は?

ブルッキングス市と素敵な関係に

なった藤田さんは、3人の女子学生

を日本に招待したそうです。

ブルッキングス・ハーバー高校の

生徒が日本に滞在している際、

藤田さんはロナルド・レーガン

大統領の補佐官より、お礼を述べ

られたそうです。

この女子学生を呼ぶ費用は、藤田さん

が生活をやりくりし、招待したそうです。

スポンサードリンク

贈った刀はいまどこに?

最初にブルッキングス市に呼ばれた時に

持っていった刀は、勘違いしていた

自分を恥じ、プレゼントしてきた

そうです。その刀は、今どこにあるの

でしょうか?

ブルッキングス市庁舎から新しい図書館

に設けられた「藤田コーナー」の陳列

ケースの中に移動して、そこで保管され

ているそうです。

oregonbombing1-top

出典:http://noren3.com/enjoy/oregon-history1/

戦争で日本人が称賛されたことがある

証拠ですよね。

妻・娘・息子の情報は次のページへ!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする