防犯ジャーナリストの梅本正行の経歴は?防犯方法や講演会は?【カズレーザースペシャル理由を述べよ】

みなさん、こんにちは。チョコです!

ね犯ジャーナリストの梅本正行さん

が「カズレーザースペシャル理由を

述べよ!」に出演していましたね。

防犯が一般家庭でも必須になって

いる今日この頃なので、梅本正行

さんのお話は毎回参考になります

よね。

今回は、梅本正行さんの講演して

いる防犯についてまとめてみま

した。綺麗なお弟子さんの存在

もいらっしゃるようなので、

合わせて調べてみました。

梅本正行

出典:https://twitter.com/bouhanumemoto

<目次>

  1. 梅本正行の経歴や活躍
  2. 梅本正行の防犯対策
  3. 梅本正行の弟子
  4. まとめ

梅本正行の経歴

1950年生まれの神奈川県在住です。

1985年1月、名古屋市で防犯設備

会社を設立。1999年7月、株式会社

ナリョナル・エージェンシー・カン

パニー取締役に就任。2001年4月、

NPO法人犯罪予防相談センターを

創設し、理事長に就任(当時、

経産省「省エネ・防犯情報提供

事業研究会」委員も務めました。

侵入犯罪が起こった場所に足を

運ぶこともあるらしく、刑事顔

負けの活動をしているようですね。

その環境や犯行手口などを検証

して、犯罪者心理を分析してい

ます。

現在は、犯罪者心理を知り尽く

したプロの目で、防犯ジャーナ

リストとして活躍ています。

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌等で

予知防犯対策を提唱しています。

また、行政・自治体・民間企業等

でのセミナーや講演も多く、

人情味あふれる独特のキャラクター

で予知防犯対策の重要性と人の

命の尊さを呼びかけています。

色々な現場を見ている方なので、

より、心にしみわたる言葉で

伝えてくれるのでしょうね。

スポンサードリンク

梅本正行の防犯対策

講演でも10種類ほどに渡る内容

でテーマを分けて行っています。

最近の防犯対策の参考になり

そうです。

その中でも、被害にあわないための

予知防犯というのが気になりました。

防犯対策で最も重要な事は、犯罪を

予知・予測して、未然に防ぐ事です。

犯罪を未然に防ぐ効果的な対策と

なり、さらに犯罪が起き難い環境を

作り上げることができます。

犯罪が発生してから対策を考える

のではなく、犯罪を未然に防ぐ。

それが予知防犯対策だそうです。

防犯は、人任せではなく、自ら

学ぶことが大切なんですね。

梅本正行の弟子

梅本さんにはお弟子さんがいたんです。

しかも女性で綺麗な方なので、

ご紹介しますね。

桜井礼子

出典:https://twitter.com/sakurai_bouhan

女性防犯アナリスト桜井礼子さんです。

防犯関係に詳しい方は、もうご存知

かもしれませんね。

防犯界の第一人者、予知防犯提唱者

の梅本正行さんに11年間師事し、

事件現場の検証と取材に携わります。

女性・母親・高齢者の親を持つ立場で、

弱者を犯罪被害から守る予知防犯を

提唱する活動を展開しているそうです。

女性の味方って感じでかっこいいです

よね。頼れる女性の一人ですね!

まとめ

梅本正行さんの経歴を含め、

まとめているうちに、防犯に

ついて、起きるまでは、なかなか

自分のことのようには考えられ

ないんだと実感しました。

犯罪者の心理を知ることで、

自分の身に降りかかることが

想像できるのならば、学んで

おきたいと思いますよね。

犯罪が起きないためにも、今後の

防犯情報を気にしていきましょう!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする