高木美帆(スピードスケート)の家族や出身は?姉妹で平昌代表になる実力と道のりは?

みなさん、こんにちは。チョコです!

スピードスケートの平昌代表の高木

美帆さんが、結団式で、8年ぶりの

オリンピックに完全燃焼を誓いまし

たね。

15歳で初めてのオリンピック出場で、

前回は予選落ちし、初めて出場する

ような気持ちだそうです。

苦しい4年間を乗り越えた思いを、

今回の平昌でぶつけてくれること

でしょう。

実は、2歳年上の姉の菜那さんも

出場し、姉妹での活躍が期待され

ています。

そんな高木美帆さんの経歴や家族

のことをまとめてみました。

平昌では1500メートルで銀メダル

を獲得しました!500メートルで、

銅メダル、パラシュートでは金メダル

を獲得しました!

パシュートの記事はこちら↓

みなさん、こんにちは。チョコです! 「NHKスペシャル」でも放送された 平昌オリンピックの中で注目を集め ているパ...

おめでとうございます!

<目次>

  1. 高木美帆の出身や経歴や家族
  2. 高木美帆の成績
  3. 姉妹スケーターとして
  4. まとめ

高木美帆の出身や経歴や家族

誕生日:1994年5月22日生まれの23歳

出身地:北海道中川郡幕別町

出身校:日本体育大学

所属:日本体育大学助手

身長:163.5㎝

家族は、両親・兄・姉の5人家族で、

兄と姉もスピード選手です。

兄と姉の影響で5歳からスケートを

始めます。

7歳からはサッカーも始め、中学では

とかち帯広フットボールクラブで

プレーをし、活躍します。北海道選抜

として、ナショナルトレセン女子U-15

合宿にも参加したそうです。

身体能力がかなり高いのでしょう。

2009年15歳の時に全日本ジュニア

スピードスケート選手権で総合優勝

します。中学新記録を出してしまい

ます。バンクーバー五輪の選考会では、

1500mを1分59秒47の中学新記録

で優勝し、1000mも中学新記録に

なる1分17秒77の3位、3000mは

4分13秒09の3位となり、五輪代表

に選出されます。しかし、メダルに

は、届きませんでした。

2013年のソチでは、不振で予選落ち

してしまいます。

スポンサードリンク

高木美帆の成績

2015年2月にオランダ・ヘーレン

フェインで開催された世界距離別

スピードスケート選手権の団体

パシュートに菊地彩花さん、姉の

高木菜那さんと出場し、決勝で

オランダに100分の2秒差で上回り

、団体パシュートで日本初の

金メダルを獲得します。

その後、ワールドカップでも無敵の

強さを示し、優勝の嵐で、14年ぶり

史上7人目の快挙を達成しています。

平昌までの道のりは、絶好調できて

います。

スポンサードリンク

姉妹スケーターとして

「高木美帆 姉妹」の画像検索結果

出典:http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20171230-OHT1T50136.html

姉の高木菜那さんをまとめました。

誕生日:1992年7月2日生まれ25歳

出身校:北海道帯広商業高校

所属:日本電産サンキョー

身長:155㎝

姉妹で身長が10㎝ちかく違うんで

すね。

バンクーバーでは、美帆さんが

驚異的な滑りを見せ、史上最年少の

15歳で代表切符を獲得し、2歳上

の菜那さんは、妹が五輪で滑る姿を

現地で観戦していたそうです。

声援を送りつつも、「心の中では

悔しい思いが強かった」そうです。

何度も妹についての質問を受け、

「美帆の姉」として扱われること

に不快感を示した時期もあった

そうですが、ソチ五輪を明確な

目標に掲げ、滑りを磨いてきたそう

です。

一方、美帆さんは、4年後のソチで

代表から外れた時に、精神面の甘さ

を痛感すると同時に、五輪への執念

を見せてきた姉の姿に大きな刺激を

受けたそうです。「すべてをスケー

トにかける」と、それまで以上に

勝利にこだわるようになり、平昌

五輪での巻き返しを誓いました。

刺激を与えあう姉妹の姿に日本中が

注目すること間違いないでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

オリンピック選手でも兄弟・姉妹

で活躍されている方はたくさん

いますが、嫉妬もしながら、刺激

を受け合い、頂点を目指すことの

素晴らしさや姉妹でもライバルに

なってしまう過酷さが伝わって

きますよね。

それぞれの活躍を日本中で応援

したいですね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする