ヴァイオリニストの宮本笑里が母親になっても美しすぎる!音楽教育や音楽環境がすごい!

みなさん、こんにちは。チョコです!

綺麗な音色を奏でる、美しすぎる

ヴァイオリニストの宮本笑里さんを

ご存知ですか?二世ミュージシャン

としても有名ですよね。

「のだめカンタービレ」のオーケス

トラに選ばれ活躍していました。

現在、3歳になる女の子の

お母様でもあります。多忙な中での

育児にも興味ありますよね。

そんな魅力的な宮本笑里さんに

迫ってみました。

宮本笑里

出典:https://twitter.com/emirimiyamoto

出典:https://twitter.com/emirimiyamoto

<目次>

  1. 宮本笑里の経歴は?
  2. 宮本笑里の音楽環境は?
  3. 宮本笑里の音楽教育は?
  4. 宮本笑里の活躍
  5. まとめ

宮本笑里の経歴は?

1983年、東京で生まれ、生後2週間で

ドイツに渡り、7歳の頃に日本に戻り、

ヴァイオリンを始めます。お父様の

影響ではなく、友人の影響で始めた

そうです。無理やりに音楽をやらせ

なかったあたりが、本当の英才教育

になったのかもしれませんね。

中学一年生でドイツへ再び行き、

中学二年生の時にドイツ学生

音楽コンクールで1位入賞します。

2002年に東京音楽大学に進学し、

桐朋学園大学カレッジ・

ディプロマ・コースに編入学します。

2004年頃からNHKなどのテレビに

出演するようになります。

宮本笑里の音楽環境は?

宮本家は音楽一家で正式には、

宮本笑里は三世ミュージシャン

となります。

祖父はテノール歌手で、父は、

オーボエ奏者と指揮者の二つの

顔を持ちます。

そんな環境の中で、自由に音楽に

関わらせてもらってきた感じは

しますよね。

ただ、プロの音楽家になると決意

してからは、お父様の指導は、

泣いてしまうほどの厳しさだったと

そうです。海外での活動をしてきた

お父様にとって、厳しく指導する

ことで、世界へ羽ばたく力をつけて

欲しかったのもしれませんね。

宮本笑里の音楽教育は?

プロのスポーツ選手などもそうですが、

音楽一家となると、常にレッスンの

イメージが強いですが、学生の

うちは、比較的自由に音楽を

選ばせてもらってたような

イメージがありますね。

デビューまでの間は、かなり厳しい

環境を与えられていて、小澤征爾

音楽塾やオペラプロジェクトや

交響楽団や音楽祭などに参加し、

経験を積みます。

プロ入りを決めるまで、型に

はまった形で音楽の教育を

しないおかげで、もともと

持ち合わせた美貌も音楽と関連

づけて、宮本笑里さんらしい

音楽活動をしてこれたのでは

ないでしょうか?

宮本笑里の活躍

ヴァイオリニストとしての活躍

だけでも、素晴らしい活躍を

されてますが、ニュースでカルチャー

キャスター小林真央さんの後を

務めたり、音楽番組でも様々な歌手と

セッションを行っています。

テレビ映りも良いので、これからは

たくさん出てくることも増えるかも

しれませんね。

クラッシックはハードルが高い

イメージがあるのが、宮本笑里

さんのような方が出ることで、

どんな人も音楽に触れやすくなる

のは、間違いないでしょう。

まとめ

2012年に4歳年上の一般男性と結婚

してから、より充実した音楽活動を

行っているようです。

2014年に第一子の女の子が

生まれてからも育児と仕事の

バランスをきちんと取って

いるように感じます。

ツイッターでも、ご飯の様子や

育児の様子が出てきますが、

すべてが完璧にこなしている

ようです。

すごいですよね。なかなか

地方回っていて、出来ることでは

ありません。

美しさをキープする努力もしている

ようです。そんな姿もツイッターに

出てきました。

今後も活動を広げていくかと思います

ので、楽しみに応援していきましょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする