ホリエモンロケットが炎上・落下した原因は?総額費用や損失は?

こんにちは。チョコです!

元実業家のホリエモンこと堀江貴文

さんが出資するインターステラテクノ

ロジズ(IST)の小型ロケット

「MOMO」2号機が北海道で、炎上・

落下し、大騒ぎになっていますね。

開発風景など感動することが多かった

だけに期待も高まっていたのと、感心

も集めていたようです。

今回の落下・炎上の原因は何だった

のでしょう。

合わせてかかった資金や損失なども

調べていました。

<目次>

  1. ホリエモンロケットとは?
  2. ホリエモンロケットの費用は?
  3. ホリエモンロケット落下の原因は?
  4. ホリエモンロケット損失は?

ホリエモンロケットとは?

「ホリエモンロケット」の画像検索結果

出典:https://news.mynavi.jp/article/20160630-rocketnight/

MOMO2号機は、全長10メートル、

重さ1150キロあるロケットで、

インターステラテクノロジズ(IST)

が開発したロケットでした。小型衛星

の打ち上げロケットを目指すベンチャー

起業として2003年に設立されました。

MOMOは、市販の電子部品を使うなど、

低コスト化を図り、民間企業が独自開発

したロケットとして、国内初の宇宙空間

(高度100キロ)到達することを

目指していたそうです。

1号機は、昨年7月に打ち上げましたが、

発射から約1分後にエンジンを停止し、

会場に落下しました。

「ホリエモンロケット」の画像検索結果

出典:https://mainichi.jp/articles/20180630/dde/001/040/033000c

今回は見物人が多い中での落下だけに

けが人などが心配されましたが、

幸いけが人はいなかったようですね。

今回のことを受けてもなお、夢をあきら

めない姿に感動をした方も多かったの

ではないでしょうか。

ホリエモンロケットの費用は?

アポロ時代に使用した材料を使い、

最先端技術は使わないことで、

低コストに重視してきたようです。

ホリエモンは低コストにすることで、

身近にロケットの夢を誰でも感じる

事ができることを目指したそうです。

通常のロケットでは、100億円かかる

ところをMOMOは数千万の費用で抑えて

いたそうです。インターネットで

約2840万円は約900人から募った資金

だったそうです。その費用を抑えるのには、

地元業者の努力もかなりあったこと

でしょう。

スポンサードリンク

ホリエモンロケット落下の原因は?

現在は、炎上し続けるロケットの

消火作業中のようで、原因がわかり

次第、追記致します。

考えられるのは、発射後2秒後に

噴射孔以外のところから火が噴出して

いたので、このあたりが原因かと

思われますね。

なんらかのメインのエンジントラブル

の可能性があるそうです。

本当に残念ですが、関係者の方たちは、

次に向かっていましたね。

ホリエモンロケット損失は?次のページへ!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする