福島忍(61歳パラアイスホッケーGK)の経歴や家族は?競技の見どころは?

みなさん、こんにちは。チョコです!

平昌パラリンピックで、アイスホッ

ケーが注目される中で、最年長の

守護神がさらに注目されています。

パラアイスホッケーは、普通のアイス

ホッケーに比べ、ハードだと言われ、

61歳でどのように体力を維持して

いるのかも気になり調べました。

1p fukushima

出典:http://sledgejapan.org/member/288-2014-16.html

<目次>

  1. 福島忍の経歴
  2. 福島忍の競技人生
  3. パラアイスホッケーの見どころは?
  4. 福島忍の家族
  5. 福島忍の意気込みは?
  6. まとめ

福島忍の経歴

誕生日:1956年12月14日

出身:静岡県藤枝市

所属チーム:長野サンダーバーズ

勤務:ニック㈱

身長:178㎝

体重:70kg

子供時代からサッカーを始め、

専門学校、社会人クラブチーム

で、ゴールキーパーとして、活躍

してきた中、24歳の時にオート

バイの交通事故で、頸椎損傷に

なってしまいます。

福島忍の競技人生

車いすになってから、バスケット

ボールを始めますが、練習などが

かなりハードで、挫折してしまい

ます。

何かスポーツに打ち込みたいと

思った福島さんは、長野五輪の

アイスホッケーに目をつけ、挑み

ますが、代表には落選してしまいます。

その時、39歳でした。

その後は、五輪の代表選手として定着

してきましたが、今大会は36歳のGK

の望月和哉と競っていく形になります

が、大らかな感じで若い選手の成長も

喜んでいる感じもします。

61歳で現役でいることの方が、本当に

ビックリですよね。

スポンサードリンク

パラアイスホッケーの見どころは?

通常のアイスホッケーを知っている

方は、どのように競技をしているの

か興味があるかと思います。

パラアイスホッケーは、足を一切

使わず、手でプレーをします。

レッジというスケートの刃が2枚

あるそりに乗り、両手にスティック

1本ずつ持ってプレーします。

スティックの両端はアイスピックと

ブレードになっていて、ピックで

こぐように移動しブレードでパック

を操ります。

1チームGKを含めた6人で戦い、

15分3ピリオド制で、冬季パラ

リンピックで唯一ボディーチェック

(体当たり)が認められています。

この体当たりが迫力あるんですよね。

1994年リレハンメル大会から

正式競技になりました。

展開の速さと体当たりの激しさが、

パラアイスホッケーの見どころで

はないでしょうか。

スポンサードリンク

福島忍の家族

福島忍さんを支えてきた家族には、

奥さまの輝美代さんがいらっしゃ

います。福島さんが40歳、奥様が

32歳の時に結婚します。福島さんが

61歳になっても競技を続けている

ことに心配はないのでしょうか。

インタビューを受けている福島さんの

様子を見ると、きっと活き活きと楽し

く競技をしていることが、家族の幸せ

でもあるかもしれませんね。

そこには、福島さんの選手生活を支え

る奥さまの決意があったようです。

子供を望んだこともあったようで、

その時に選手生活を続けたいという

福島さんの意志を尊重したそうです。

女性として、子供を持ちたいという

気持ちを諦めるのには、相当な決意

が必要だったはずです。素晴らしい

奥さまですね。

福島さんは、そんな奥様に五輪での

姿を見せたい一心で頑張ってきたよう

です。

メダルへのの意気込みは次のページへ!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする