ドーピング容疑はレンズ液が原因で斎藤慧の選手生活の今後は?日本では初めての例?

みなさん、こんにちは。チョコです!

平昌五輪で、ドーピング容疑がかか

り、帰国を強いられた斎藤慧選手。

無実を訴えながらも他の選手への

影響を考え、すぐに帰国をした報道

は、すっきりしませんでしたよね。

4年間、この日のために準備をして

きた選手が本当に無実だとしたら、

今後の課題はとても大きなものに

なるでしょう。斎藤慧選手の今後

など調べてみました。

「斎藤慧」の画像検索結果

出典:http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20180213-OHT1T50294.html

<目次>

  1. 平昌五輪ドーピング事件
  2. 斎藤慧の対応
  3. ドーピング容疑の原因は?
  4. 斎藤慧の今後
  5. まとめ

平昌五輪ドーピング事件

斎藤慧選手は、ショートトラック

日本代表の一員として出場予定

でしたが、2018年2月4日江陵

(カンヌン)選手村で受けたドー

ピング検査で利尿作用のある禁止

薬物・アセタゾラミドが陽性で

あったため、容疑を否定しながら、

選手村を去りました。

この時に報道では、何か常備して

いる薬などの管理が甘いのでは

ないかと、様々な原因を言われて

ました。実際、斎藤慧選手が、何か

を服用した疑った人はいなかった

のが、せめてもの救いでした。

スポンサードリンク

斎藤慧の対応

斎藤慧選手は、日本選手への影響

しか考えていませんでした。

言い訳もあまりせず、ただチーム

のために選手村を去る決断は、

早かったですよね。

この時、どんな心境だったのでしょう。

4年間この日のために準備をし、何が

いけなかったのか、そのことをわか

らない自分自身も攻めたかもしれま

せん。

スポンサードリンク

ドーピング容疑の原因は?

日本スケート連盟の橋本聖子さん

から、「コンタクトレンズの保存

液が体内に入った可能性がある」

と1日に発表しました。

1月29日から、選手村で抜き打ち

検査が行われた2月4日までのすべて

の斎藤慧選手の行動を(連盟は)調査

していたそうです。そして、米国製の

使い捨てタイプのコンタクトレンズの

保存液が鼻から入ると陽性になる可能

性があるとわかったそうです。

コンタクトレンズ液が原因で、ドーピ

ング違反が問われたケースは聞いた

ことないそうです。ただ、目薬で

ドーピング反応が陽性になったケース

は、日本でも過去にあったそうです。

斎藤慧の今後は次のページへ!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする